聖地巡礼とかそういうの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年7月に読んだラノベ

2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:5119ページ
ナイス数:44ナイス

朝岡ひよりのドキドキカルテ2 (電撃文庫)朝岡ひよりのドキドキカルテ2 (電撃文庫)感想
二巻読んで数十ページで「あ、そういえばこういう頭おかしい設定だった」ということが明瞭に思い出せるのはとても良い。朝岡さんかわいい。
読了日:7月27日 著者:時田唯
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉7 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉7 (MF文庫J)感想
待ちに待った7巻、で楽しみにしていたのはまさかの半分ちょっとで終わり。いやそれにしてもかなりのボリューム感あって満足だったけど。で、それに続くこの展開。あああああああもおおおおおおおおおおおお8巻早く出してくれ。//川口士さん、体調を崩さない範囲でお願いします。
読了日:7月27日 著者:川口士
銀弾の銃剣姫(ガンソーディア)II (MF文庫J)銀弾の銃剣姫(ガンソーディア)II (MF文庫J)感想
ようじょ最高ということが再確認されてしまったな。安定してMF文庫Jっぽい。よろしい。
読了日:7月27日 著者:むらさきゆきや
魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>2 (MF文庫J)魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>2 (MF文庫J)感想
こういう終わり方をするのはやめてくれ早く三巻を読みたい。大分早いペースでハーレム目指して吹っ切れた感じがする。ああ早く三巻を読みたい。ロッテかわいい。あと妹キャラ多すぎるだろうこれは。
読了日:7月27日 著者:三原みつき
ニーベルングの指輪 ジークフリートの試練 (一迅社文庫)ニーベルングの指輪 ジークフリートの試練 (一迅社文庫)感想
ん~~~とても惜しい、なんでこれを一巻で終わらせようとしたのだろうか。せっかく多数のステージ用意できそうな世界観を持っているのに一回の山場で全部処理しようとしてるから説明臭くなってるし「運命の導き」が過ぎる。シリーズ展開してくれたらすごく良いんだけどなぁこういうの。
読了日:7月27日 著者:六塚 光
おねえちゃん再起動! (一迅社文庫)おねえちゃん再起動! (一迅社文庫)感想
お姉ちゃんである必要性とは……。いろんな設定が空回りしてるように思う。しかも本編は8割ぐらいのところで終わって残り短編みたいな謎構成になっているし、一体どうなっているんだ。
読了日:7月27日 著者:佐々宮 ちるだ,いわさき たかし
剣と拳の闘婚儀 黙って俺のヨメになれ!  (一迅社文庫)剣と拳の闘婚儀 黙って俺のヨメになれ! (一迅社文庫)感想
2/3ぐらいまでヒロイン全然可愛気がないしもうなんだよこれって思っていたけど後半結構持ち直した。でも正直しんどかったな。あんまりこういう「ただの戦闘狂」みたいな主人公は好きじゃないらしい。
読了日:7月27日 著者:葉原 鉄
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)感想
いやぁ、燃えたなぁ。メインヒロインんがちょっとツンがあからさまで強すぎるだろうと思ったけど、最後のデレっぷりは素晴らしい。しかし、この妹は今後大丈夫なのだろうか。
読了日:7月27日 著者:海空りく
中野キッドナップ・カンパニー (GA文庫)中野キッドナップ・カンパニー (GA文庫)感想
おそらく読み切り?ちょっと捉えにくい(本人たちもはっきり掴んでない)能力を軸に話が進んでいく感じは良かった。が、うーん、この結末は過去が清算されたってわけでもなく。新しい世代組に関して言えば丸く収まってるから良い、のかな。
読了日:7月27日 著者:森田 陽一
ヴァリアブル・アクセル (GA文庫)ヴァリアブル・アクセル (GA文庫)感想
んー、どうにももうひとつ乗り切らない感じ。盛り上がりきれないというか。能力設定とかキャラ構成とかはいいんだけどなぁ。主人公たち以外が杜撰過ぎて、それが物語を都合よく進めるためだけに効いてしまっているのが残念。
読了日:7月27日 著者:七条 剛
俺のかーちゃんが17歳になった (電撃文庫)俺のかーちゃんが17歳になった (電撃文庫)感想
後半の方のトントン拍子っぷりがすごいな。あとやっぱりヒロインは面倒だとしても理解あるキャラだと気持ちが良い。妹、風呂に入れ……。
読了日:7月27日 著者:弘前龍
バベルスターズ (電撃文庫)バベルスターズ (電撃文庫)感想
なるほど、期待していたとおりの異種交流ものだった。ただ、主人公の動機付けが引き起こしたことに対して弱すぎる気がするな…。小出しにされてしまっているからかもしれない。
読了日:7月27日 著者:奈坂秋吾
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? (電撃文庫)ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? (電撃文庫)感想
キャラの可愛さだけで乗り切っている感じがした。キャラが可愛ければそれで良いのだということを再確認した。
読了日:7月13日 著者:聴猫芝居
8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト (集英社スーパーダッシュ文庫)8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト (集英社スーパーダッシュ文庫)感想
チクショウ、面白かったよ!大分話題になっていたので購入し、すぐさま読んでみた。イラストも029先生だったし。かなり不安定で、ともすれば「これは一体何が面白いんだ」になってしまうのではないかと思いそうなノリで始終進む。ただ、要所要所でくる「あー、そこでこのネタかー」で笑わされてしまったので認めるしか無い、面白かった。
読了日:7月11日 著者:石原 宙
白き覇王の魔戦従姫<サーヴァント> (HJ文庫)白き覇王の魔戦従姫<サーヴァント> (HJ文庫)感想
んー、大分淡々とした感じのファンタジー。この作者さんの作品はどれもこの雰囲気なのかな、前作も一巻だけ読んだけれども、これもそうなりそう。ファンタジーだし、もうちょっと盛り上がって欲しいんだよなぁ。
読了日:7月11日 著者:葛西伸哉
覇剣の皇姫アルティーナIII (ファミ通文庫)覇剣の皇姫アルティーナIII (ファミ通文庫)感想
いよいよ本筋に入ったという感じだろうか。三巻で相当話が動いたように思うけど、今後どうなるのかが楽しみ。いやぁ、しかし、エリックどうすんの…
読了日:7月11日 著者:むらさきゆきや
聖剣と魔竜の世界 1 (オーバーラップ文庫)聖剣と魔竜の世界 1 (オーバーラップ文庫)感想
あーこれは完全にハーレムルートですわー。安定のサイトウケンジさんだった。頑張る主人公と惹かれるヒロインの図、素晴らしいと思いました。バトルも熱い。
読了日:7月11日 著者:サイトウケンジ
はたらく魔王さま! 5.5巻はたらく魔王さま! 5.5巻感想
確かここらへんから魔王側も勇者側も歩み寄り始めた頃だったかな。日常編?にしては大きいアクシデントもあったけど、こんな雰囲気も良い。特に真奥と恵美が、思いっきり反発しながら割り切って行くプロセス、もっともっと見ていたい。
読了日:7月3日 著者:和ヶ原 聡司
時の悪魔と三つの物語 (HJ文庫)時の悪魔と三つの物語 (HJ文庫)感想
HJ文庫大賞作品。とてもよくまとまっていて、上手いなぁと思う。ただ、ものすごく良いキャラがいるわけでもなく、ものすごく感動するわけでもなく、淡々としている。語られる三つの話、それをまとめる話はいいんだけどなぁ。最後にはホッとする暖かさがあったので良かった。
読了日:7月2日 著者:ころみごや

読書メーター
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。